SAPSmartFormsフォームロジック

はじめに

前のチュートリアルですでに説明したように、 フォームビルダ、SAPSmartFormsのフォームロジックについて見てみましょう。

In SAP SmartForms、フォームロジックは、データベースから読み取るデータ、条件を定義し、フォーム出力のフローを制御します。 フォームロジックは、SmartFormsインターフェイスの左側のペインにあるフォーム構造によって記述されます。

SAPSmartFormsフォームロジック
SAPSmartFormsフォームロジック

SmartFormsのノード

新しいスマートフォームが作成されると、左側にデフォルトのノードがあります。 グローバル設定とページおよびウィンドウは、すべてのスマートフォームに対してデフォルトで作成されるXNUMXつのルートです。

グローバル設定ノードには、フォーム属性、フォームインターフェイス、グローバル定義の3つのサブフォルダーがあります。 フォームインタフェースには、呼び出し元のABAPプログラムからスマートフォームに渡されるデータと グローバル定義 スマートフォーム全体で利用可能なデータが含まれています。

SAPSmartFormsでのフォームロジックの定義

フォームロジックを定義するには、ナビゲーションウィンドウの[ページとウィンドウ]で階層構造を定義する必要があります。 この階層は、スマートフォームを処理するためのルールを決定します。

フォームロジックは、フォーム出力のフローを制御するために使用されます。 フォームロジックに関する次のルールを覚えておく必要があります。

  • ツリー構造では、ノードを条件にリンクするために、すべてのノードのメンテナンスウィンドウにタブが定義されています。 条件が満たされている場合はノードが処理され、満たされていない場合はノードとそのすべてのサブノードがスキップされます。
  • ノードは上から下に処理されます。
  • 各ページのページ分割は、現在のページに残っているスペースの量によって異なります。
  • 次のページはページごとに定義する必要があり、フロー制御はページごとに定義されます。 ただし、他のページに動的に移動できます。

コメントを書く

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.