Javaでの型注釈

Javaでの型注釈

Java 8の導入に伴い、このバージョンでは、繰り返しアノテーションとタイプアノテーションと呼ばれる8つの新機能が導入されました。 これまで、Javaでアノテーションを使用したい場合は、宣言でしか使用できませんでした。 Java XNUMXでは、あらゆるタイプの用途に注釈を追加できるようになりました。 型(宣言、ジェネリック、キャストに型を含む)を使用している場合は常に、注釈を付けることができます。

型注釈構文

Java 8は、任意の型の使用で型注釈を宣言できます。 XNUMXつの例は、以下のスニペットです。

@暗号化された文字列データ; <@NonNullString>文字列を一覧表示します。 myGraph =(@ Immutable Graph)tmpGraph; 新しいタイプのアノテーションを導入するだけです。 このプロセスは、ElementType.TYPE_PARAMETERターゲット、ElementType.TYPE_USEターゲット、または両方のターゲットを使用してアノテーションを定義するのと似ています。@ Target({ElementType.TYPE_PARAMETER、ElementType.TYPE_USE})public @interface Encrypted {}

ElementType.TYPE_PARAMETERターゲットは、型変数(たとえば、クラスMyClass)の宣言にアノテーションを記述できることを意味します。 {…。})。 Element.Type.TYPE_USEは、任意の使用タイプ(つまり、宣言、ジェネリック、およびキャストのタイプ)にアノテーションを記述できることを意味します。

注釈はクラスファイルに保存できますが、プログラムの実行に影響を与えたり影響を与えたりすることはありません。 例として、以下のコードに示すように、XNUMXつのファイル変数とXNUMXつの接続を宣言できます。

ファイルfile =….; @暗号化ファイルencryptedFile =…; @OpenConnection接続=…; プログラムの実行中に、XNUMXつのファイルのいずれかを接続のsend()メソッドに渡しても、結果は同じになります。 connection.send(file); connection.send(encryptedFile);

 

タイプ注釈のいくつかの例

@nonNullリストList <@NonNull String> str Arrays <@NonNegative Integer> sort @Encypted File file @Open Connection connection voiddivideInteger(int a、int b)throws @ZeroDivisior ArithmeticException

 

コメントを書く

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.