SAPODataとは

序言

SAPデータ(テーブルまたはクエリデータ)をUI5 / FioriやHANAなどの外部環境に公開する場合は、APIの形式でデータをプッシュする必要があります。 沿って API つまり、ODataを使用して、 サービス インターネット経由でアクセスでき、CRUD操作の実行に使用できるリンク。 SAPABAP環境のSAPODataは、別のABAPクラスとまったく同じです。 SEGWトランザクションを使用して、このクラスのメソッドにアクセスできます。 ここにデータ操作に必要なコードを記述できます。クラスをアクティブ化すると、生成されたサービスリンクがそれに応じて動作します。

定義

SAP ODataは、ABAPを使用してSAPに存在するデータを照会および更新し、HTTPなどのWebテクノロジーを適用および構築して、さまざまな外部アプリケーション、プラットフォーム、およびデバイスからの情報へのアクセスを提供するために使用される標準Webプロトコルです。

SAPでは、 SEGW ODataサービスを作成するためのトランザクションコード。 SEGWはServiceGatewayの略です。

SAPODataのアーキテクチャ

ここでは、SAPODataの高レベルアーキテクチャについて説明します。

SAPOData高レベルアーキテクチャ
SAPOData高レベルアーキテクチャ

ODATAが必要な理由

SAPODataには複数の利点があります。 データを公開するだけでなく、顧客がどこからでも、どのデバイスからでもデータにアクセスできるようになります。 ODataサービスがない場合、データはオンプレミスのままになり、ユーザーがデータにアクセスする必要がある場合は、データの場所にアクセスする必要があります。これは、デジタルの世界では不快です。

ODATAの利点

SAP ODataを使用すると、次の利点があります。

  • 人間が読める形式の結果を取得するのに役立ちます。つまり、ブラウザを使用して出力データを表示できます。
  • データへのアクセスは非常に簡単で比較的高速です
  • GET、PUT、POST、DELETE、QUERYなどのWebプロトコルのすべての標準を使用します
  • ステートレスアプリケーションを使用します。つまり、サーバーはクライアント(UI5アプリケーションなど)のデータを保存せず、すべてのOData呼び出しを新しい呼び出しとして扱います。
  • これは、関連する情報の形式でデータを受け取り、一方が他方につながります。これは、「アラート分析行為」、「表示検査行為」、または「探索と行為」として知られる相互作用パターンです。 このパターンによれば、すべてのデータが一緒にロードされるわけではなく、ユーザーはデータを分析し、ナビゲーション後に必要な情報に到達します。 このようにして、データは迅速かつ正確にロードされます。

SAP OData V2(バージョン2)

OData v2は、SAP OData V1のアドオンである一連の新しい標準であり、次のとおりです。

  • クライアント側の並べ替えとフィルタリング
  • すべてのリクエストをバッチ処理できます
  • すべてのデータはモデルにキャッシュされます
  • 自動メッセージ処理

SAP ODatav2とODatav1の詳細を読むことができます 詳細を見る.

SAP OData V4(バージョン4)

OData v4は、SAP ODataサービスへの最新のアップグレードであり、次のような機能の追加と削減が含まれています。

  • 新しいバージョンでは、データバインディングが簡素化されています。 新しいODataV4モデルは、データバインディングパラメーターの構造を簡素化します。
  • OData v4では、非同期データの取得のみが必要です。
  • バッチグループは、モデルの対応するパラメーターをデフォルトとして使用して、新しいODatav4呼び出しのバインディングパラメーターを介してのみ定義されます。
  • 操作バインディングの使用をサポートします。 そして今では、操作の実行結果をコントロールにバインドするのがはるかに簡単になりました。
  • 作成、読み取り、更新、および削除(削除)操作は、バインディングを介して暗黙的に使用できます
  • OData v4では、メタデータはODataMetaModelを介してのみアクセスされます

SAP ODatav4とODatav2の詳細を読むことができます 詳細を見る.

コメント:2

コメントを書く

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントの処理方法を学ぶ.